玉入れゲーム

6月6日に薩摩中央高校の実習生が計画を立て、利用者様と一緒に玉入れゲームを行いました。

パンダチームとウサギチームに分かれて壮絶なバトルが繰り広げられました。

結果はパンダチームが5106点、ウサギチームが5116点。なんと10点差ワーッ!

ウサギチームの勝利で終わりましたが、利用者様全員が楽しまれ、笑顔が見られたので良かったです。

 

s-IMG 8208

 

s-IMG 8265

 

s-s-IMG 8251

 

s-IMG 8214

 

5月誕生会開催

5/22(水)に、利用者様の誕生会が開催されましたほほ笑み

5月生まれの利用者様はなんと12名!!驚いた

舞台に上がりきれず、下段も利用して並んで頂きました。

担当職員が作成した誕生日カードを手渡して、御家族や職員と一緒に写真撮影ほほ笑み

女性の利用者様には職員の方でお化粧をして、とてもお綺麗でしたほほ笑み

 

s-中園 5

 

s-中園 1

 

s-中園 2

 

 s-中園 8

 

s-中園 9

 

s-中園 10

 

s-中園 11

 

s-中園 13

 

s-中園 14

 

s-中園 15

 

s-中園 16

 

s-中園 12

 

また、昼食には豪華弁当、15時のおやつの時間にはケーキが提供されました笑

皆様美味しそうに召し上がっておられました。

 

 s-中園 4

 

s-中園 3

 

以上、誕生会の模様でした。

まもなく梅雨を迎え、暑い夏が待っていますが、栄養と水分をしっかりと補給して、身体に気を付けてお過ごし下さいほほ笑み

 

 

5/29 監事監査

 皆様ご機嫌いかがでしょうか?本日は曇り空・・・汗なんとな~く、ジメジメしているような感じですワーッ!

 

5/29 同仁会監事監査を実施いたしました。監事2名にじっくりチェックしていただきました。

同仁会の定款・規定・規約・細則・通帳関係すべて見ていただき、問題なく終了いたしました。

毎年、実施しますが勉強になります。真面目にコツコツと同仁会の運営を職員一丸となり、頑張っていきたいと思っております。

 

 

 さて、今回は皆様にご報告がございます。

特別養護老人ホームさつま園施設長【柿添 信義】は

≪鹿児島県社協老人福祉施設協議会 会長≫に就任いたしました。

施設長が会長となり、他施設の見本になるべく今まで以上に日々精進してまいります。至らない事も多いと思いますが、利用者様の生活を支える素敵な仕事に誇りを持ち、どなたからも信頼される施設をつくっていきます。

  今年の目標の中に[利用者様の喜ぶことを計画しよう]があります。

それについて職員で話し合い、まずは利用者様の気分転換に園外ドライブを月2回取り入れています笑

今日も午後から鶴田ダム方面に行かれました。少しの時間ですが、とてもいい時を過ごされているのではないでしょうか驚いた

 また、余暇時間を職員の得意な事を取り入れて、楽しい時間の提供も考えております笑職員へのアンケートを行い歌・ダンス・ピアノ・楽器演奏・習字・料理・ゲーム・・・沢山の意見が出たようですウインク披露が楽しみです♪

 

 

【余談】悲しいお話しです

 3月に愛犬りるちゃんが病気の為、亡くなりました・・・急な事で心の準備ができないまま数日の入院生活でした。

その日は息子のソフトボールの県大会があり、早朝からグランドにいました。九時ごろ病院より電話があり「呼吸の状態が悪くなっているので、早めに来てください」と・・・給水等あったためすぐに向かった方が良いかドクターに尋ねると、そんなに急に何かあるとは思いませんが・・・との事だったので

ドキドキしながら母に電話をして、病院に向かってもらいました。息子の大会は始まっていたのですが、心配や色々な思いが込み上げてきていました。試合終了し旦那と出水の動物病院に向かいました。

父からの電話がなりました・・・

「りるちゃんがダメだった」と・・・

りるちゃんは13年前の私の誕生日に出会い、この子を大切にしていこうと決めました。小さくて美人の赤ちゃん犬でした。先住犬のティモちゃんと仲良くしていました。

13年・・・早かったなぁ。まだまだ一緒にいられると思っていましたが、叶いませんでした。

りるちゃんと一緒に帰宅し、抱っこしていると息子が帰ってきました。

亡くなった事を知っていた息子は、リビングになかなか入ってきませんでした。10分位してから、顔を伏せながら入ってきましたが、りるちゃんが見えていないかのようにしていました。

私が声をかけるとワーっと泣き始め・・・・・・・号泣

ずーっと泣くので、心配になり抱っこしながら泣き止むのを待ちました。ご飯も食べられず、ほとんど水分も摂れずに2日間過ごしました。頭痛もひどくなり学校を休まなければならないほどでした。

娘も帰宅途中に旦那より聞き、バタバタとリビングに入ってきました。一言

「本当に死んだの?」と・・・不思議そうな感じでした。あれっ!泣かないんだな~と思っていると、実感がわいてきたようで号泣。ずーっと泣きました。強がりながらも泣きました。

その日はリビングでみんな一緒に寝ました。息子は何度も目を覚まし、りるちゃんを見ては泣き・・・1時間ごとに目を覚ましていました。私も全然寝れなかったので、一緒になでなでしました。息子とのあの時間は忘れられません。

ぽぽちゃんというと、りるちゃんから離れません。ずっと横に座り鼻でツンツンしたり、乗ってみたり反応を待っているかのような姿に涙が止まりませんでした。

大切な家族の死はとても辛く経験したくないものですが、自分の子供達が心優しい子に育っているなと実感した瞬間でもあります。

ぽぽちゃんも病気があり同じ13歳・・・まだまだ一緒に過ごしたいと願うばかりです。

皆さんは大切なペットちゃんがいますか?うちは毎月、病院でのトリミング時に検査をしてもらっていたのですが、病気は突然発症しました。ですが定期的に検査を受けて小さな変化も気付けるようにしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成から令和になって初の行事

天気にも恵まれ、利用者様と芋の苗植えを行いました笑

良い笑顔も沢山見られ、収穫の日が楽しみです。

 

 

s-IMG 7778

 

s-IMG 7794

 

s-IMG 7802

 

s-IMG 7804

4月の施設利用者誕生会

4月16日(火) 4月生まれのご利用者の誕生会が開催されました。叫ぶ

誕生会の日には毎回豪華な食事が準備されますが、今月は山菜ごはんに煮物や卵焼き、鮭などを添えたお弁当をご準備いたしました。また、デザートには桜餅をお出しいたしました。皆様、美味しそうに召し上がっておられましたよ。笑

4月は8名のご利用者が誕生日を迎えられましたが、うちお一人は入院中で、7名の方の誕生祝をさせていただきました。中でも椎原キク様は、22日に100歳を迎えられます。誕生祝に娘様も駆け付けてくださいました。24日にはさつま町よりお祝いの記念品が贈られることにもなっているようです。最近はちょっと体調を崩されていますが、早くお元気になって欲しいと職員一同で願っているところです。ウインク

IMG 7649IMG 7658IMG 7659IMG 7661IMG 7664IMG 7666IMG 7667IMG 7673